ぶうの周辺は豊かな自然に囲まれ食材の宝庫

豊かな自然と文化を持つ信州塩尻には、質の高い野菜やくだものが数多くあります。

標高が高く、朝晩の温度差が大きいこの地で育てられた野菜や果物は、
市場からも高い評価を受けています。

ぶうでは、様々な方にお楽しみ頂けますようにメニューをたくさん取り揃えております。

地産地消にこだわります!!

※地産地消とは・・・地域生産地域消費(ちいきせいさん・ちいきしょうひ)の略語。

酵母豚

酵母豚

信州、北アルプスの山麓のすばらしい環境、特別な飼料、丁寧な飼育がストレスを取り除き、健康な豚を育てた大変おいしい豚肉です。

酵母豚

詳しくはこちら→

信州安曇野産コシヒカリ

北アルプスの雄大な自然が創りだす
雪どけ水と雄大な土壌に恵まれた水田
精魂こめて生産されたおいしいお米です。

信州安曇野産コシヒカリ

ぶうでは、お店で玄米を精米!!

お米本来の美味しい味を楽しんで頂きたくお店で精米します。

美味しいお肉のお供にお楽しみください。

塩尻産ワイン

塩尻産ワイン

塩尻にしかない土壌や気候の恵み塩尻ワインの第一の強みです。

塩尻ワインは、それぞれのブドウ品種の持つ個性が十分に引き出されています。

果実味が豊富で、酸味がしっかりしており、全体的なバランスの良さが特徴です。

例えば、プレミアムクラスのメルローは、同じ市内でも土地によって味が全然違います。

そのブレンドの仕方で、ワインが個性を持ち、複雑味が出ます。

塩尻のワインは、100年を超える歴史のなかで育てられてきています。

農家の苦労やワイナリーの努力で、日々成長し続けています。

酵母豚のご紹介

酵母豚って?

澄み切った空気、北アルプスの雪どけ水がつくり出す清流、緑豊かな自然環境に恵まれた安曇野。

そんな信州の山麓に酵母豚の農場はあります。
豚にとってもストレスのない素晴らしい環境の中で、
ゆったりとていねいに育てられています。

ぶうの酵母豚を育ててくださっている椙浦養豚場。

椙浦ご夫妻は、30年前、安曇野には何も産業が少ない時代より椙浦養豚場をはじめられました。
安曇野の産業の先駆者的な存在でもありもあります。

椙浦養豚場様は、ぶうの親会社㈱G・フレンドリーでの食品廃棄物の再利用として酵母菌の餌を有効利用したいという思いに賛同してくださり酵母豚を愛情をこめて育ててくださっています。

酵母飼料は、地域食品工場から出る規
格外の商品を醗酵し、酵母菌を加えて
飼料化したものです。

混ぜ合わせるのは、手作業で丹精こめ
て作られています。

納豆やヨーグルト等の健康食品に多く含まれており、整腸作用があります。

店長小林は、時々椙浦さんに豚の様子を伺いに
養豚場へ行ったりもします。
現場の声を聞くことにより酵母豚の推進、
美味しさを更に広めたいという思いが膨らみます。

豚舎を数棟あり、成長により、
豚舎を移動させるのは椙浦養豚場の特徴。
豚を移動させることはとても大変なことですが、
のびのびと育てる秘訣の一つです。

酵母飼料で育てった豚は、ストレスが少く健康な豚に育ちます。

酵母飼料で育った豚は、脂肪が少なくとってもヘルシーなうえ栄養も満点です。
キメ細かな肉質にあくが少なく、やわらかくて臭みがありません
そして豚肉本来の旨みのある肉になります!

そして今まで敬遠されがちな内蔵部分(ホルモン)も肉厚で臭みのにおいもなく、
通常の豚より変質速度が遅いため、様々な料理への利用価値が期待されます。

自慢の酵母豚料理はこちら→

ぶうでは、酵母豚を使ったいろいろな料理をお楽しみ頂けます。

トンカツ

酵母豚の上質な旨味を味わえる焼肉。
ぶうの焼肉は、石あみ焼き
(天然石「角閃石」を使用)
炭以上ともいわれる赤外線効果で、焼きものを中までじっくり、 ふっくら焼き上げます。

しゃぶしゃぶ

酵母豚は、脂少なめ。
ヘルシーなしゃぶしゃぶをお楽しみください。

お取り寄せ

酵母豚をふんだんに使った美味しいカレー。
柔らかくて美味しい酵母豚を自慢のカレールーで5時間煮込んでできたものをレトルトにしました。
ご自宅でも自慢の酵母豚をお楽しみ頂けます。